私が看護師の転職活動で事前に知っておけばよかった5つのコト

こんにちは。
 
今回は、実際に看護師として、転職活動を行った時に、事前に知っておけばよかったと思うことがありましたので、まとめてみました。
 
これから転職活動をする方のすこしでも参考になればいいなぁと思っています。
 
こはる
これから看護師になりたい人、初めて転職する人は必見です!
 

知っておくべき5つのコト

 

まずは看護師の仕事の種類を知る。

私も初めは知らなかったにですが、意外に看護士が働ける場所は多いです。保育園や学校、企業など病院で働く以外にもたくさんあることを知ることは大事です。
より自分に合った職場を見つけましょう。私の場合は、子供が好きだったこともあり、保育園看護師を選びました。もし美容に興味がある人には、美容外科はとてもおススメできます。
 

自分にとって妥協してもいい部分、妥協したくない部分を明確にする。

私の場合、土日休み、正社員、ボーナスあり、夜勤なし、を妥協できない部分として挙げました。その代わり、給料や勤務地については妥協できる部分として、転職活動をおこないました。
 

看護師専用の転職サイトを使う。できれば複数の転職サイトに登録することをおすすめします。

サイトによって求人に偏りがあることや、リクルーターとの相性もあるので、自分に合った転職サイトで、転職活動をしましょう。私もいくつか登録をして、1番自分と合うと思ったリクルーターさんがいる転職サイトで転職をしました。
 

実際に働いている人の情報を集める。

転職先の情報を多く持っていた方が、実際に転職した時のギャップが少ないからです。私自身、保育園の看護師に転職する際には、何度もインターネットで『保育園看護師』と検索をして情報収集をしました。ですが、詳しい仕事内容について調べることができなかったので、このブログで私が転職する時に知りたかった情報を書いていきたいと思っています。

気持ちに余裕をもって転職活動をおこなう。

転職ができるのか、転職先がわたしに合っているのかなど、転職には様々な不安が伴います。そのせいで焦ってまうこともあります。私も実際はそうでした。しかし、焦っても結果は変わりません。転職サイトに登録さすれば、エージェントが私にピッタリな転職先を見つけてくれます。見つけてくれるまでは、ゆっくりと待ちましょう。

できれば転職先を見つける前に今の仕事を辞めてしまうことは避けてください。理由としては、転職先を早く見つけないといけなくなるので、妥協して就職してしまうことがあるためです。

 

まとめ

看護師という忙しい毎日の中でも、コツコツと転職活動を進めることで、後悔しない転職活動ができると思います。忙しい方は、まずは転職サイトに登録してみて、情報収集をすることから始めるのもおすすめです。気持ちに余裕をもった転職活動をこころがけて、自分に合った転職先を焦らずに見つけることがとっても大切です。