初めて保育園看護師に転職する時に気を付けたい5つのポイント

今回は、初めて保育園に転職する人はどのようなポイントで保育園を選んだ方がいいのかを紹介します。

保育園看護師になって6ヶ月の私ですが、今の保育園を選んでよかった点やこんな保育園だったらもっと働きやすかったのかなと思うことがありましたので、今回は保育園の選び方についてまとめていこうと思います。転職をする際の参考にしていただければ嬉しいです。

 

保育園を選ぶ5つのポイント

初めて保育園に転職する人はどのようなポイントで保育園を選んだ方がいいのかを紹介します。

以下のポイントをエージェントまたは面接時の面接官に確認することをおすすめします。

 

1.新規開園の園は避けた方がよい

保育園求人の中には、新規開園の保育園の求人が多くあります。新規開園の保育園はまだ人間関係が出来上がっておらず、人間関係を構築しやすいというメリットがあります。しかし、新規開園の保育園は自分で保育園看護師としての仕事を確立させていく必要があります。初めて保育園ではたらく看護師さんは、保育園看護師がどのやうな仕事なのか分かりませんよね。なので、今まで看護師さんが働いていた保育園を選ぶことをおすすめします。
 

2.引き継ぎ期間があるか

私は保育園看護師が初めてであり、ほぼ新卒ということもあり、前の看護師さんとの引き継ぎ期間が3ヶ月もありました。おかけで、保育園看護師の仕事内容についてしっかりと分かった上で、ひとり立ちをすることができました。

私はたまたま運がよく引継ぎがありましたが、引継ぎ期間がない場合もあります。もし引継ぎ期間がなかったらおそらく仕事がまったく分からない状態になってパニックになっていたと思いますので、引継ぎ期間があるかどうかは確認して下さい。
園長や担当の保育士さんが直接教えてくれる場合もありますので、その場合は引継ぎ期間がないことを心配する必要はないと思います。
 
 
 

3.子どもの数が少ない保育園がよい

すべての保育園がそうとは言えませんが、子どもの数が多いと、その分仕事もたくさんあります。初めての保育園看護師で覚えることがたくさんあるのに、仕事もたくさんあっては大変です。私が現在勤めている保育園は、全園児60人、0.1.2.3歳児のみなので、比較的ゆっくり働けています。
 

4.園長、主任が看護師の仕事に理解があるかどうか

これは働いてみないと分からない部分でもあるのですが、今となっては重要な部分だとつくづく感じます。何かあったときに相談するのは、園長と主任(担任の先生をまとめる人)だからです。理解がない園長や主任だと、看護師としての仕事がとてもやりづらくなってしまいます。

これに関しては、働くまえに確認することは難しいとは思いますが、それとなくどの程度看護師をサポートしてくれるのか聞いてみてもよいと思います。
 
 
 

5.系列の園の看護師と繋がりがあるか

基本的に保育園の看護師は一人ということもあり、分からないことがあったときに質問できる人がいた方が心強いと思います。私の保育園では1年に3回、系列の保育園看護師が集まる機会があり、情報交換ができるので、なにかわからないことがあった場合でも解決できます。

なので系列の園があり、定期的にコミュニケーションを図れる場があるのかは確認しましょう。
 
 
以上が、保育園を選ぶ時に見ておくとよいポイントです。
 
もちろん、給料や勤務時間、勤務地を重要ですが、上のようなポイントでも保育園選びを行うことをおすすめします。