保育園看護師として初めての卒園式があった話。

こんにちはみなさん
看護師のこはるです。
 
最近の保育園での日々について書きたいと思います。
 
なんと保育園に就職して半年が立ちました!
 
半年間の間に色々なことがあったなぁと思う日々です。
特に下のようなことがありました。
 
  • 卒園式があった。
  • ゼロ歳児が入園した。
  • 人手不足で保育の仕事が増えた。笑
 
 
今回はその中でも、卒業式での話を書きます。
 

3歳児さんとの思い出

 
私の保育園は、0歳から3歳児さんまでしかいないので、3歳児さんで卒園を迎えることになります。
今年の3月、3歳児さんの卒園式がありました。
私は1月から保育園で働いているので、3ヶ月しか一緒にいませんでしたが、3歳児クラスの子達との思い出はいっぱいあります。
 
  • 名前を覚えてもらえたこと
  • 絵をプレゼントしてもらえたこと
  • 一緒に給食を食べたこと
  • 一緒に歌を歌ったこと
  • ニンテンドースイッチのお話をしたこと(A君とはマリオの話をいつもしていました。3歳児と話が合うって、私の精神年齢の低さ、、、。笑)
  • 熱が出て、お母さんが迎えに来るまで一緒に事務所で待っていたこと
  • 手洗い指導をしたこと
そして、「こはる先生大好き」と言ってもらえたこと。
 
子どもたちと過ごした毎日が、私にとっては大切な思い出です。
 

卒園式に向けた楽器練習

卒園式の練習で、みんなが一番苦労していたのは楽器演奏でした。
タンバリン、カスタネット、鈴、トライアングルをみんなそれぞれひとつずつ担当します。
歌と違って、慣れていない楽器演奏です。
 
みんな初めてながらも、卒園式で両親に披露できるように、一生懸命練習していました。
 
卒園式の練習をしている子ども達を見て、3歳児のみんなが卒園してしまうと考えると、嬉しい気持ちと寂しい気持ちで複雑でした。
 

卒園式ではカメラマンをしました。

 
そして、卒園式当日。
おしゃれな格好をした3歳児さんたち。
いつもより大人びて見えたのは洋服のおかげだけではないと思います。
 
私は卒園式と書かれた看板の前で、家族写真を撮るという役割に任命されていました。
ディズニーのキャストさんのように上手にはできませんでしたが、私なりに精一杯頑張りました。笑
 
カメラ越しに見る子どもたちの誇らしい顔、まだ卒園式は始まっていないのに涙が出そうになりました。
 

卒園式本番

 
みんなの家族写真を撮り終わり、着席したところで卒園式が始まります。
園長先生の長いお話をまっすぐ前を見て、しっかりと聞く姿
大きな声で歌を歌う姿
一人一人前に出て、保育園で楽しかったことを言っている姿
 
みんなの素晴らしい姿を忘れたくない、一生覚えていたいと思い、目に焼き付けました。
 
難しい楽器演奏では、練習の成果が現れていて、今までで一番上手に演奏できていました
 
がんばったね。3歳児のみんな。
 
 
私は子どもたちがいるところでは泣かないと、自分でルールを決めていたのですが、、、
号泣です。。。
成長したこどもたちを見て、涙が止まりませんでした。
 
そして、卒園式が終わり、お見送りです。
子どもたち一人一人にありがとうと伝え、ハイタッチをして、寂しいですがお別れです。
 
みんな元気でね。素敵な笑顔をありがとう。
 

まとめ

 
子どもたちが成長した姿、頑張っている姿を見ることができて、とっても幸せな卒園式でした。
保育園看護師になってよかったと思った瞬間の一つです。
 
3歳児が卒業し、新しく0歳児の子供たちが入園しました。
 
この子たちもあっという間に大きくなってしまうんだなと思うと、
毎日の一瞬一瞬をもっともっと大切にしていきたいと思います。