【これだけで大丈夫】美容外科看護師に転職したいと思ったら読むページ【完成版】

こんにちは!

元美容外科看護師のこはる(@pKtSZ7M833sTwnv)です。

美容外科気になっているんだけれど、どんな仕事だかわからない。美容外科看護師に転職したいけれど、どうやってなればいいか分からない。

今回はそんな疑問をすべて解決していきたいと思います。

これを見るだけで、美容外科看護師になりたい人が知っておくべきことや、どうやったら美容外科看護師に転職できるのかをすべて書いていきます!

まずは仕事内容を知ろう!

まずは美容外科クリニックの仕事内容について、知っていきましょう。

美容外科看護師の仕事内容は、大きく二つあります。

それは、 レーザ施術 と 手術介助 です。

一つずつ簡単に紹介していきますね。

レーザ施術

レーザ施術とは、レーザ機器を使った施術を看護師が行います。大半が脱毛レーザによる施術になります。レーザ施術が美容外科看護師の一番大きな仕事になります。

手術介助

手術介助とは、美容手術の介助です。具体的には、手術の事前準備や器械出しを行います。病棟勤務のオペナースをイメージしてもらうと分かりやすいと思います。術式や手順の理解が必要ですので、徐々にできる手術が増えていくイメージです。二重手術や豊胸施術がわかりやすい例です。

 

もっと詳しく美容外科の仕事内容が知りたい方は、「美容外科クリニックの仕事内容と私が大変だったこと」を見て下さい。

美容外科クリニックの仕事内容と私が大変だったこと

2018.07.14

 

また最近増えている美容皮膚科クリニックの仕事は、レーザ施術のみになります。そのため、手術介助はやりたくないという方には、美容外科ではなく、美容皮膚科クリニックをおすすめします。

美容外科看護師のイメージと実態

次に、美容外科で働くときに心配なノルマについてみていきましょう。

よく「美容外科はノルマがあるから大変だよ。」って聞きますよね、、、

ノルマがあるってホント?

クリニックによりますが、看護師の場合、ノルマはないのが一般的です。

その代わりに、インセンティブ制度を導入しているクリニックが多いです。

ノルマとインセンティブ制度の違いは、ノルマの場合、目標を達成しないと給料が減る場合がありますが、インセンティブ制度は、必ず達成しなければいけないものではなく、頑張った分だけ、基本給にプラスされていくものです。なのでインセンティブ制度では、頑張るか頑張らないかは本人に任せられているので、負担がほとんどありません。

 

他にも、よく勘違いされているイメージについて「美容外科看護師を9ヶ月働いた私が答える、美容外科で働くイメージと実態。」でまとめていますので、気になる方は読んでみてください。

美容外科看護師を9ヶ月働いた私が答える、美容外科で働くイメージと実態。

2018.06.05

美容外科看護師として働くことのメリット・デメリットは?

メリット

①夜勤がない

②給与が比較的高い

③自分自身もキレイになれる(社割で美容施術が受けられる)

夜勤がないことは、私にとっては一番のメリットでした!また自分がキレイになれるのも嬉しいですね!

デメリット

①クレームがある

②土日祝日は休みにくい

③看護師としてのスキルが低下するおそれがある

また美容外科看護師はやはりサービス業ですので、ゴールデンウィークやお盆、年末は長期の休みがとりにくいです。

より詳しく、美容外科看護師のメリット、デメリットを知りたい方は、「美容外科看護師の計12のメリットデメリットをまとめてみた!」を見てみてください!

美容外科看護師の計12のメリットデメリットをまとめてみた!

2018.06.19

給料はどのくらい?

給料は、病棟と同じか、大手や都市であればそれ以上が見込めます。

具体的に下にあるのが、転職サイトでの美容外科クリニックの求人表です!

いま都内のクリニックの求人表ですが、やはり都内は給与も高めです!

また夜勤がないことも大きなメリットですね。

給与について詳しく知りたい方は「美容外科看護師の年収を公開します!」を見てみてください。

美容外科看護師の年収を教えます!

2020.01.20

求人はどうやって探す?

ここまでで、大まかに美容外科看護師の仕事がイメージできたのではないかなと思います。

ここまで読んでみて、この仕事面白そうだなと思った方は、次に求人探しを始めましょう。

求人の探し方は大きく次の三つの方法があります。

求人の探し方

①美容外科専門の求人サイトに登録する

美容外科求人ガイド

美容外科・美容皮膚科に特化した転職サイトなので、求人数が多いです。

 

②看護師転職サイトに登録する

代表的な転職サイトを記載しておきます。

ナースではたらこ

ジョブメドレー

看護のお仕事

マイナビ看護師

もっと転職サイトを詳しく知りたい方は、「【2020年版】私が実際に使ったおすすめ看護師転職サイトランキングTOP5」をチェックして下さい。

【2020年版】私が実際に使ったおすすめ看護師転職サイトランキングTOP5

2018.05.19

③直接行きたいクリニックのホームページを確認する

もし既に行きたいクリニックが決まっている場合、そのクリニックのホームページから求人を探して、直接応募するのも手です。

 

求人の探し方は、「美容外科看護師の求人の探し方をまとめました!」で詳しく書いてありますので、読んでみてください。

美容外科看護師の求人の探し方をまとめました!

2020.01.25

求人を見るうえでのポイント

求人を探していくうちに、いくつか行きたいクリニックが出てくると思います。

そのなかから、自分にあった求人を見つけるための、求人のチェックするべきポイントをまとめておきます。

①美容外科が初めての場合は、未経験可の求人がおすすめ

初めて、美容外科に転職する場合には、未経験可の求人がおすすめです。やはり未経験可の求人であれば、研修などもしっかりやってもらえるためです。ただ未経験可でない求人だからといって諦める必要はないので、ダメ元で、応募してみるのもありだと思います。

②給与

給与はしっかり見ましょう。もちろん今の仕事より、給与が下がるのか上がるのかは大事ですが、自分が最低でもこれだけあれば生活できる月給を、事前に考えておくとよいですね!

③インセンティブ制度があるかどうか

インセンティブ制度がある場合には、給与にプラスでインセンティブをもらえる可能性があるので、プラスにとらえてよいと思います。

④雇用形態

正社員かアルバイトか雇用形態はしっかり事前に確認しましょう。

いざ面接!

行きたいクリニックを見つけて、応募が終わったら、次は面接です。

一番大切なことはお客様の満足

美容クリニックは自由診療であり、接客業です。

そのため、美容外科クリニックでは、もっとも大切なことは、お客様の満足です。

そして、美容外科クリニックにおけるお客様の満足とは、お客様の満足=接客のレベル+施術のレベルであるといわれることがあります。

そのため面接においても、接客のレベルと施術のレベルが必ず見られます。

接客レベル

接客の印象を上げるには、

身だしなみ 言葉遣い 笑顔

の三つです。

身だしなみに関しては、就活の時にした格好をイメージするといいでしょう。清潔感のある印象はとっても大事です。

言葉遣いに関しては、すぐに変えることは難しいですが、なるべく綺麗な言葉遣いを心掛けて面接にのぞんで下さい。また美容外科クリニックに関して言うと、「患者さん」のことは「お客様」というようにしてください。

笑顔に関しては、面接中もなるべく笑顔がつくれるといいと思います。

施術のレベル

施術のレベルに関しては、既に病棟などの経験がある方は、しっかり自分のできることアピールしてください。

また新卒の方やあまり経験のない方は、研修や実際の現場で経験を積んでいく必要がありますので、やる気をみせましょう。

また面接に関しては、私が面接でよく聞かれた質問とその回答例を書いていますので、「美容外科クリニックの面接で絶対聞かれる質問5選と回答例まとめ」参考にして下さい。志望動機や自己PRについてもまとめています。

美容外科クリニックの面接で絶対聞かれる質問5選と回答例まとめ

2018.11.04

新卒でもなれるのか?

結論から書くと、ハードルは低くはないですが、新卒でも採用されます

私自身実際に新卒で美容外科に採用され、普通に働くことができました。また私の時は、新卒の同期もいました。

ただ私自身が、新卒で美容外科に就活をしてみて、やはり求人をさがすことには苦労しました。具体的には、未経験可の求人であっても、看護師として働いていた期間が2年-4年以上ないと受けられないという求人が多かったためです。なので、新卒で美容外科を目指す場合には、これくらいの時期までに、内定がでなかったら、一般の病院を受けよう。などと、事前に決めておくことをおすすめします。

 

詳しくは「看護師の新卒・1年目でも美容外科看護師になれる理由。」でまとめてますので、読んでみてください。

看護師の新卒・1年目でも美容外科看護師になれる理由。

2018.07.13

美容皮膚科という選択肢

ここまで読んで、手術の介助はやりたくないけど、レーザ施術はしたいという方!美容に関わってみたいという方!

そんな方には、美容皮膚科クリニックがおすすめです。美容皮膚科の仕事は、美容外科と違い、手術介助がないため、基本的にレーザ施術のみになります。

そのため、覚えることが少ないので、負担も少ないこともおすすめできる理由です。

みなさんもぜひ、美容皮膚科も選択肢に入れてみるといいと思います!

 

最後に

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

このページが少しでもみなさんの力になれれば嬉しいです!