保育園看護師の年収大公開!

こんにちは!

保育園看護師のこはる(@pKtSZ7M833sTwnv)です。

今回は、保育園看護師の年収について書いていこうと思います。

保育園看護師の年収

保育園看護師の平均年収については、公表されているデータがないため、正確な平均年収は分かりませんが、一般的な求人を見ると

 常勤 約20-30万(月給) 約300-400万(年収)

となっています。

ちなみに看護師の平均も載せておきます。

 38.2歳(平均年齢) 33万円(月収) 478万円(平均年収)

(数値は、年収ラボより参照)

平均と比べると一般的な看護師よりも、年収は低くなってしまうのが分かるかと思います。

ただ、保育園看護師の場合、夜勤はないのでこれくらいが妥当だと個人的には思います。

 

実際に私の年収

参考までに私自身の給与も簡単にのせておきます。

 二年目 約25万(月給) 約375万(年収)

※都内の保育園なので、地方よりも少し高めになっています。

この給料は、看護師の資格手当がつく分、同じ園の他の保育士のみなさんより多くなるのが一般的です。ただ仕事の忙しさは、保育士のみなさんと変わらないので、若干気まずいこともありますが、、、

 

病棟と比べて、保育園看護師にはこんなメリットがある

夜勤がなく、日勤の仕事

基本的に、日勤のお仕事しかないので、生活リズムを正常に保つことができます。身体的な負担が少ないので、家庭と仕事、プライベートと仕事を両立させることもできます。

休みを確保しやすい

大半の保育園が土日祝日休みがほとんどなので、病棟で働いている看護師さんと比べてお休みが確保しやすいというよさがあります。プライベートの時間や、家族・友人との時間を大切にしたい人にとっては、とってもおすすめできる環境です。

残業がほとんどない

残業がほとんどありません。私の場合、月に2回ほどしか残業がないので、OLさんのように仕事後のディナーやお出かけなども楽しむことができます。夢のアフターファイブ!ってやつです!!!笑
 
 
もっと詳しく保育園看護師の良いところ、悪いところについて知りたい方は「転職1年目の私が気づいた保育園看護師のメリット、デメリット計9個」を見てください!
 

まとめ

保育園看護師は、一般的な看護師と比べると給与面では劣ってしまうことが多いと思います。しかし、病棟に比べ、夜勤がないなど、働きやすい面が多いのも確かです。また、なんといっても、子どもと関われるというのは、とってもやりがいのある仕事です。

そのため、家庭と仕事を両立させたい方や、子どもと関わる仕事に就きたいという方には、とってもおすすめできる仕事だと思います。