【これだけで大丈夫】保育園看護師に転職したいと思ったら読むページ【完成版】

こんにちは!

保育園看護師のこはる(@pKtSZ7M833sTwnv)です。

保育園看護師が気になっているんだけれど、どんな仕事だかわからない。保育園看護師に転職したいけれど、どうやってなればいいか分からない。

 

今回はそんな疑問をすべて解決します!

 

これを見るだけで、保育園看護師になるために必要なことがすべてわかるように書きましたので、ぜひ読んでみてください。

こはる
この記事だけで全部わかるように書きました!

まずは4つの仕事内容を知ろう!

保育園看護師の仕事は大きく分けて4つあります。

保育園看護師の仕事

1.子どもの体調管理

2.職員・子どもに対しての健康教育

3.園内の環境整備

4.保育業務

 

1.子どもの体調管理

子どもの体調管理については、一番イメージしやすい仕事だと思います。具体的には、健康診断や身体測定をしたり、子どもの検温をします。またケガをした時の応急処置もここに含まれます。

2.職員・子どもに対しての健康教育

ほけんだよりが一番イメージしやすいかなと思います。月に一回のほけんだよりをつくることは、保育園看護師の重要な仕事です。あとは、健康教育の一環として、歯磨き教室とかもやります!

3.園内の環境整備

園内の消毒や園内の危険な箇所を探して改善します。

4.保育業務

保育業務に関しては、保育士さんと一緒に保育の仕事をします。特に保育園看護師はゼロ歳児の担当になることが多いです。具体的には、子どもと遊んだり、おむつ交換をしたり、食事介助をしたりします。

保育業務に関しては、園によって仕事の量が異なりますので、気になる方は面接のときに確認するといいかもしれません。

 

保育園看護師の仕事内容は「保育園看護師の4つの仕事内容と実際に働いている私の本音」で詳しく書いていますので、参考にしてください!

保育園看護師の4つの仕事内容と実際に働いている私の本音

2018.05.20

 

また私の一日の流れを書いた記事もありますので、よかったら参考にしてみてください。

夕方5時半には帰宅!保育園看護師の一日の流れ

2018.05.19

保育園看護師として働くことのメリット・デメリットは?

メリット

①日勤のお仕事

②残業は少なめ

③力仕事が少ない

土日休みで、夜勤がないので、とっても働きやすい環境だといえます。自分の時間を作りたい人や家庭との両立をしたい人にもおすすめですね。

デメリット

①給料が少なめ

②基本保育園に看護師は一人

③求人が少なめ

お給料が少ないことに心配している人が多いかもしれませんが、資格手当なども付きますので、そこまで低くはないと思います。詳しくは、給料のところでもう一回書きます。

 

保育園のメリット・デメリットについて詳しく知りたい方は、「転職1年目の私が気づいた保育園看護師のメリット、デメリット計9個」を見てみてください。

転職1年目の私が気づいた保育園看護師のメリット、デメリット計9個

2018.05.21

保育園看護師に向いている人

保育園看護師をしてみて、こんな人が保育園看護師に向いているのではないかと思ったので、書きます!

向いている人の特長

①子どもが好き

②いろんな人と関係を築ける人

③自分の考えを主張できる人

このなかでもダントツで一番大事なのは、子ども好きってことだと思います!

 

もっと詳しく知りたい方は、「転職前に確認してほしい。保育園看護師に向いている人・向いていない人」を見てみてください。

転職前に確認してほしい。保育園看護師に向いている人・向いていない人

2018.06.11

給料はどのくらい?

一般的な求人をみると、

常勤 約20-30万(月給) 約300-400万(年収)

となっています。

これから分かるように、一般的な看護師に比べると年収は少し下がります。

もっと詳しく給料について知りたい人は、「保育園看護師の年収大公開!」を見てください。

保育園看護師の年収大公開!

2020.02.03

求人はどうやって探す?

求人の探し方

①保育園専門の転職サイトに登録する

保育士バンク

まずは保育士バンクに登録しましょう!保育士バンクでは、保育園の求人がたくさんあるので、おすすめです。メインは保育士ですが、保育園に転職したい看護師にも対応しています!

②代表的な転職サイトに登録する

代表的な転職サイトに登録することで、たくさんの求人の情報をえることができます。

転職サイトを詳しく知りたい方は、「【2020年版】私が実際に使ったおすすめ看護師転職サイトランキングTOP5」をチェックして下さい。

【2020年版】私が実際に使ったおすすめ看護師転職サイトランキングTOP5

2018.05.19

 

③直接行きたい保育園のホームページを確認する

行きたい保育園がある場合、ホームページで求人を確認してもいいでしょう。ただ、保育園看護師の求人はなかなかでないので、あまり期待しないほうがいいかもしれません。

④求人検索エンジンを利用する

indeed

indeedなどの求人検索エンジンを利用することも手段の一つです。

⑤ハローワークを利用する

ハローワークの求人検索がインターネット上で、利用可能です。やや使いにくいのが、難点です、、、。

ハローワークインターネットサービス

求人を見るうえでのポイント

求人を見るうえで一番大事なことは、まずは優先順位を自分の中で決めることです

自分の中で、何を一番に重要視して、求人を探すか決めておきましょう。

下に、私自身が重要だと思うポイントをまとめてみました!

①保育園の施設形態

認可保育園

国の規準をクリアし都道府県知事に認可された施設です。認可保育所には国からの補助金がおりるため、園自体が経営難となることは少なく、安定して働くことができるでしょう。

認可外保育園

国の基準は満たしていないが、都道府県の基準に基づいて知事の認可を受けているものが、認可外保育園と呼ばれています。保育料やサービス内容を自由に決めることができるのが特徴です。

認可保育園では、看護師の常駐を義務または推奨していますので、保育園看護師の求人は認可保育園が多くなっています。

②給与

給与はやはり大事なポイントです。自分が生活するために、最低でも必要な給与を考えた上で、給与の項目を確認しましょう。

③立地

通いやすいかどうかです。通勤時間が少ないほうが、やはり仕事への満足感は上がりますよね。

④雇用形態

正社員かアルバイトか自身のスタイルに合った雇用形態にしましょう。

⑤保育園の方針

保育園の方針も保育園によって大きく異なりますので、できるだけ自分に合う教育方針を採用している保育園のほうがいいですね。

 

また、保育園を選ぶ時のポイントをまとめた記事がありますので、よかったら読んでみてください。「初めて保育園看護師に転職する時に気を付けたい5つのポイント

初めて保育園看護師に転職する時に気を付けたい5つのポイント

2018.05.21

いざ面接!

一番大事なこと

面接をするにあたって一番大事なことは、

子どもが好きかどうかです。

私自身、保育園看護師として働いてきた中で、一番大切なことは、この子どもが好きかどうかであると確信しています。

なので、面接の中でも、子どもが好きなことは伝えることが一番大切です。

 

面接については、「保育園看護師の面接で絶対聞かれる質問5選と回答例まとめ」で、よく聞かれる質問内容とそれに対する回答例を書きましたので、見てみてください。

保育園看護師の面接で絶対聞かれる質問5選と回答例まとめ

2020.01.15

新卒でもなれるのか?

結論からいうと、新卒や看護師経験1年未満でも、看護師の資格さえあれば保育園看護師になれます

実際、私自身も看護師経験1年未満の状態でしたが、転職することができました。

ただ、やはり将来の選択肢は狭まってしまうことは確かなので、新卒の場合は、しっかり自身で考えた上で決めたほうが良いと思います。

 

詳しくは「看護師の新卒・1年目でも保育園看護師になれる理由。」で書いています。

看護師の新卒・1年目でも保育園看護師になれる理由。

2018.06.04

まとめ

私自身、保育園看護師に転職してから、毎日がとっても充実しています。

やはり子どもの成長が身近で見れるので、やりがいがある仕事です。

ぜひ、みなさんも一緒に保育園看護師やりましょう!